IT法務・AI・Fintechの法律に詳しい弁護士|中野秀俊のホームページです。 IT法務や仮想通貨(ICO)、AIなどのITビジネスを専門に扱う法律事務所です。
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

暗号資産(仮想通貨)における法律改正が成立!その内容は?いつから施行?

仮想通貨・デジタル通貨に関する法律

暗号資産(仮想通貨)の改正法が成立

2019年5月31日、暗号資産(仮想通貨)に対する法律の改正が成立しました。

仮想通貨の名称、「暗号資産」に 改正資金決済法が成立

今年3月に法律案が発表され、その法律が成立しました。

今回の法律改正は、資金決済法、金融商品取引法などの複数の法律にまたがる改正になっています。

以下のように、多岐にわたり、法律が整備されました。

  • 仮想通貨⇒暗号資産に変更
  • 仮想通貨ファンドへの規制
  • 仮想通貨(暗号資産)交換業事業者・登録申請事業者への規制の強化
  • セキュリティトークン(収益)の販売(ICO)については、金融商品取引法の適用を明文化
  • 仮想通貨(暗号資産)ウォレットが、交換業の対象に
  • 仮想通貨(暗号資産)のデリバティブ・FXへの規制
  • 仮想通貨(暗号資産)のインサイダー取引の禁止
  • 仮想通貨(暗号資産)ウォレット事業者への規制

詳しい内容は、以下の記事に解説していますので、暗号資産(仮想通貨)事業者は、参考にしてください。

「仮想通貨」から「暗号資産」へ 仮想通貨(暗号資産)の法律改正の内容を確認しよう!
仮想通貨(暗号資産)関連の法律改正で「仮想通貨による出資ファンド」が規制へ
徹底解説!2019年の仮想通貨(暗号資産)とICOの法律改正の4つのポイント

暗号資産(仮想通貨)の改正法の施行時期

この改正法のスタートする時期ですが、成立後1年以内とされており、具体的な日付は、まだ決まってはいません。

しかし、前回の仮想通貨法(改正資金決済法)の場合には、2016年5月25日成立⇒2017年4月1日施行でした。

それを踏まえると、今回も、2020年4月に施行される可能性が高いです。