IT法務や仮想通貨、ICO、AIの法律に詳しい弁護士|中野秀俊のホームページです。 IT法務や仮想通貨(ICO)、AIなどのITビジネスを専門に扱う法律事務所です。
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

草食系ビジネスマンにおける交渉術「交渉の理想の関係とは」

交渉していて、どんな状態が理想?

経営者やビジネスマンの皆様は、日々色々な交渉をしていると思います。では、そんな交渉ですが、どんな状態が理想の状態といえるでしょうか?

それは、「自分の言い分を、相手に100%受け入れられることだよ」というかもしれません。

ただ、自分の意見を100%従わせることが長期的にみて、望ましい関係なのでしょうか?

ディベートと交渉との違い

ここで問題です。「ディベート」と「交渉」の違いって何だと思いますか?「交渉」にあって、「ディベート」にないものって何だと思いますか?

私は、「関係性」「継続性」だと思っています。
(詳しくは動画で、解説しています!)

長期的に見た場合に、交渉のゴールは?

ここで考えなければいけないことは、相手の意見を聞かず、自分の意見を押し通すことが 、長期的に見た場合に、あなたのためになるのでしょうか?

自分の意見を100%を押し通おした結果、相手の関係性が壊れてしまう…それは結果的にあなたのため、会社のためにはならないのではないでしょうか?

では、どういう交渉が理想なのか?それは自分も得をして、相手も得をする。そんな交渉って、一番よくないですか?

つまり、交渉の結果として、お互いが利得を得る関係が成立するのが理想になります。

交渉は一人ではできません。大事なことは、交渉には、相手がいるということ。相手をねじ伏せるのではなく、相手とともに最良の交渉をする!そんな交渉が出来たら、最高ではないでしょうか?

詳しい内容とこの続きは動画で


Comment (1)

コメントを残す