IT企業のインターネット法務に強い弁護士|中野秀俊のホームページです。インターネットに関わる法律は全て私が引き受けます!ITビジネスを法律で支援致します!
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

Twitterに投稿するときに、法律的に注意すべき2つのポイント

E38380E383A1

140文字の投稿で、人生が変わってしまう!?

140文字に全てをかけるSNSであるTwitter。「~なう」に代表されるように、今の感情をストレートに表現する特徴があります。私、明治大学で教鞭を執っていますが、今の大学生は、facebookよりも、断然Twitterをやっている数が多いです。

そんな、Twitterですが、法的に見て、利用するときに気を付けるポイントはあるのでしょうか。
前回のfacebook編に続き、本日はTwitter編です。
ブログ記事:SNS(ソーシャルメディア)を利用する上での法律的な注意点~facebook編~vol.1

Facebookに歌の歌詞を載せるのは違法?SNSを利用する上での法律的な注意点vol.2

名誉毀損的表現には注意…

「ペヤング騒動」や「ぼったくり居酒屋」の発端となったのは、一人のTwitterの投稿からでした。

それほど、Twitterの拡散力は、凄まじいものがあります。そして、140文字という制約がある分、短いフレーズで、その場の感情を投稿してしまうことも多いと思います。

そこで注意すべきなのが、自分の投稿が、誰かの名誉を毀損してしまう可能性について。

名誉毀損とは、他人(企業)の社会的評価を低下させる行為。名誉毀損をすると、民事上の損害賠償や刑事上の罰則もあるので、注意が必要です。

参考ブログ:口コミサイトに投稿する際に気を付けるべき3つのポイント

プライバシー侵害

そして、Twitterで、よく問題になるのが…他人のプライバシーを明かしてしまう行為。

例えば、「スポーツ選手●●とモデルの◎◎が、二人で来店中なう」みたいな投稿です。

これは、個人のプライバシーを侵害する行為なので、損害賠償が請求されかねない問題です。

さらに、この投稿で問題となるのは、ホテルや店舗の従業員が、そのまま有名人のプライベートを目撃し、そのままツイートしてしまう行為。投稿した本人が問題なのは当然ですが、企業としても、信用を揺るがしかねない大問題に発展します。

企業としても、ソーシャルメディアの使い方について、ソーシャルメディアポリシーの策定やソーシャルメディアの使い方について、従業員に周知徹底していく必要があるのです。

Twitterは便利…でも、ルールは守って

このように、Twitterは、そのときのストレートな感情がつぶやきやすいメディアです。
その意味で面白い反面、リスクもある…。

そんなTwitterの特徴を押さえて、楽しいTwitterライフを送りましょう!


電話をかけて問い合わせる メールで問い合わせる

コメントを残す