IT企業のインターネット法務に強い弁護士|中野秀俊のホームページです。インターネットに関わる法律は全て私が引き受けます!ITビジネスを法律で支援致します!
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

結婚相手としての法律家~弁護士編~

結婚相手として、法曹三者(弁護士、裁判官、検察官)はどうなのか。

今回は、お待ちかね!?弁護士編です!

「弁護士は、基本的人権を擁護し、

社会正義を実現することを使命とする。」

これは、弁護士法1条に書かれている弁護士の使命…。

ひまわりは、「自由と正義」の象徴
天秤は、「公平と平等」の象徴

弁護士というと、まず思い浮かべるのが、

高収入!(僕もなる前は思ってました(^^ゞ)

実際のところどうなのか…

基本的に、弁護士は個人事業主なので…

まさにいくら稼ぐかはその人の腕次第!

年収1億円を超えている弁護士もいますし、

反対に年収200万円台の弁護士もいます。

特に、昨今弁護士の数が増えていますので、

ますます競争が激化…

「稼げる弁護士」と「稼げない弁護士」の2極化

が始まっています(*゚ロ゚)ノエライコッチャ!!

知り合いの社長さんから、頂きました…。

なので、「弁護士」と言っても、

「お金持ってそう♡」というのは大きな間違いです!

人柄は…これも千差万別。

「夜の会合」に行きまくり、

彼女が3人くらいいる人もいれば、

アニソン、コミケ大好きのオタク弁護士

夜な夜な、静かに六法全書を開いている弁護士…。

弁護士って、面白いキャラクターの宝庫なんです(^^;;

古美門弁護士みたいな人もいるかも…(^^ゞ

裁判官、検察官にはない最大のメリット!それは…

自由!

出勤時間も退社時間も決まっていないので

時間的に融通が利く!

なので、女性の弁護士で子育てしながら、

バリバリ働いている人もたくさんいますし、

「イクメン」弁護士もいます。

僕も子供が生まれたら、
「イクメン」弁護士に( ̄∇ ̄)v

デメリットは…

安定感ゼロ!

個人事業主なので、何の保障もありません!

年金は、国民年金ですし、福利厚生もないですし、退職金もありません…。

倒れたら、終わりですね…(*゚ロ゚)ノエライコッチャ!!

まさに自由であるがゆえに、不安定…。

少なくとも、「結婚相手は安定している人がいい」という人は、

絶対に弁護士と結婚しちゃダメです!はい…(-_-;)

ふむ…(-_-;)

トータルで見て…

法曹三者が…結婚相手として魅力的なのかは、

皆様のご判断にお任せしますが…

やっぱり結婚は、「職業」ではなく、

「愛すべき人」とするものではないでしょうか~

(なんだ、その結論はΣ(゚Д゚ υ))


電話をかけて問い合わせる メールで問い合わせる

コメントを残す