IT企業のインターネット法務に強い弁護士|中野秀俊のホームページです。インターネットに関わる法律は全て私が引き受けます!ITビジネスを法律で支援致します!
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

「IT弁護士」と「プレゼンテーション」

先日は、プレゼン指導家の野村尚義先生のセミナーでした。

https://www.facebook.com/events/670468189649914/

最初に言っておきますが…

今まで聞いたセミナーの中で、

一番良かったです!!!

いやぁ、感動しました…。

内容はもちろんのこと、野村先生の話すテンポ、

ジェスチャー、スライド構成…全てが完璧でした。

しかもイケメン、華もある!
天は何物与えているんですか!

昨日のセミナーのまとめは、読書家社長がブログで書いている

http://shimpeiogawa.com/?p=3258

ので、そちらに譲るとして…

 

印象つけるプレゼンのコツとして、

①キラーフレーズ

②「敵」を作る

③ワンパーソン語り

④not A but B

とのこと。

「学びっぱなしではなく、アウトプットしてください!」

と仰っていたので…早速実践!

今日は、私がIT弁護士をやっている理由・想いを語ります。

 

①キラーフレーズ

皆様!「インターネット法務の開拓者」こと

弁護士の中野秀俊です。

「インターネット法務の開拓者」という言葉には、

自分が先頭に立って、インターネット法務を切り開いていきたい

そんな想いが込められています。

②「敵」を作る

私が、他の弁護士と違うところ…それは!

「IT」×「法律」の両方に精通している

弁護士であるということ。

この両方に精通している弁護士は、

なかなかいないと思います。

そして、私がIT弁護士をしている理由…

それは…

将来有望なIT企業を、

「法律が分からない」という呪縛から救いたい

という想いがあるから。

だって、本業以外の理由…しかも法律で足元を掬われるなんて、

もったいなさ過ぎると思いませんか。

もったいないお化けが出るぞー!

③ワンパーソン語り

なぜ、このような想いを持つようになったか。

それは、私自身が弁護士になる前に、インターネットビジネスに携わっていたからです。

そして、そのビジネスは、取引関係のトラブルから頓挫しました。

まさに、「法律に無知」だったために、私の夢は潰えたのです。

ヒルズ族になるのが、夢でした…
そんな若かりし頃…

自分と同じ思いをしてほしくない!

自分が法律家になって、経営者を法律的にサポートしたい!

その想いで弁護士を志しました。

④not A but B

私が、IT弁護士として気を付けていること…それは、

「法律があるから、ムリ!」ではなく

「法律があるから、こうしよう!」を提案すること。

クライアント企業に、

ブレーキをかけるのではなく、

アクセルをさらに踏んでもらう

そんな提案をすること。

クライアント企業とは、一緒に成長していきたいと考えています。

「ITの世界に、法律の息吹を」

「インターネット法務の開拓者」中野秀俊

これからもがんばります(_)ゞ

 

野村先生のホームページは、コチラ!

http://www.strategic-presentation.com/

一回のメルマガで、セミナー並みの情報量があります。

おススメです~(^O^)


電話をかけて問い合わせる メールで問い合わせる