IT企業のインターネット法務に強い弁護士|中野秀俊のホームページです。インターネットに関わる法律は全て私が引き受けます!ITビジネスを法律で支援致します!
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

IT・ウェブ企業に特化した弁護士の誕生秘話vol.12

rp_9e161a45.jpg

契約内容を知らなかったでは、済まされない!

前回、契約不履行をしてしまい、取引先へ土下座して謝った中野青年…

IT・ウェブ企業に特化した弁護士の誕生秘話vol.11

相手方の担当者は、微笑みを浮かべながら、こう言いました。
「これは、企業と企業との契約問題です。なので、契約書に沿って、この問題を納めましょう」
意外なことに、相手方の紳士的な対応…てっきり…
「ゴルァ、てめぇ、東京湾にコンクリ詰め沈めるぞ、ワレィ!」みたいなことを言われると思っていただけに、予想外の反応でした。

しかし…
「契約書○条には、契約不履行の場合の違約金が定められています。
それによると、違約金の金額は、取引金額の2倍となっています。」

えっ…取引金額の2倍…⁉︎
「また、御社が弊社に損害を与えた場合に賠償する範囲は、
いわゆる直接損害だけでなく、逸失利益などの間接損害も含むとなっています。」


間接損害?逸失利益?

「つきましては、弊社が今回の契約不履行により、被った損害は、これだけになります。」
その数字を見た瞬間、中野青年の頭は真っ白になりました。そこには、ビックリするくらいの金額が…。
「こ、こんな…に、なるんですか?」
「はい。全て契約書に書いてある通りですよ。」涼しい顔でいう担当者。
間違いなく、契約書には、担当者のいう通りのことが書かれていました。
しかも、そこには、自分の会社の社判が押してある…

でも…、「これは、内容を確認せずに、判子を押して…」
絞り出すように言った中野青年。
しかし…相手方担当者の顔色が変わり
「あなた、会社の代表者ですよね⁉︎契約の内容を知らなかった…が通用すると思っているんですか⁉︎
もう、ぐうの音も出ない中野青年。
「まぁ、私達も鬼ではない。一括で支払えとはいいません。
一年以内の分割払いであれば、応じる余地はあります。次回までに、支払計画を提示してください」


あまりの多額の違約金の多さに、呆然とする中野青年。
弁護士となった今…中野青年にアドバイスするとしたら…
「争い方は、たくさんあるし、交渉の余地もまだまだあるよ( ̄▽ ̄)」と、いえるのですが…
当時は、法律のことなどまるで、分からなかったので相手の言い分を鵜呑みにするしかありませんでした。

なんとか、違約金を払わなければならない…共同経営者のYくんと支払計画を練りますが、
どう考えても、一年以内の完済は不可能という結論に。それでも、取引先からは執拗に催促の連絡が入っていたので、違約金を一年以内に支払うという合意書にサインをしました。

転落の一途…

そこからは、違約金を払うために、大幅に売り上げを上げる必要が生じました。しかし…そんなに簡単に上がるはずもありません。
しかし…違約金の支払日はやってきます。
違約金を支払う→キャッシュが減る→十分な仕入れが出来ない→売り上げが減る→それでも、違約金を支払う→キャッシュがさらに減る…
まさに負のスパイラルにはまっていきました。
少し前までは、全てがうまくいっていたのに、ふとしたきっかけで、全てが反転していく…
まさに経営の恐ろしさを目の当たりにしました。
そして、違約金の支払いを三回終えたとき…共同経営者のYくんから、
「もう、事業続けていくの、無理じゃないかな。」とポツリ。

それは、中野青年も気づいていたことでした。しかし…
「ここで、諦めるのかよ!ふざけんなよ!まだやれるって!借金してでも、違約金返して…まだやれるよ!」
「傷口が広がる前に、終わりにした方がいい。俺たちは、負けたんだよ」
…何も言い返せない中野青年。
ここで、中野青年とYくんが、全てをかけたHYパートナーズの事業に終止符が打たれました…。

事業を終わりにしたら、全てが終わる…中野青年はそう思っていました。
しかし…このときはまだ地獄の入り口に過ぎなかったことを、中野青年は気づいていなかったのです。


電話をかけて問い合わせる メールで問い合わせる