IT企業のインターネット法務に強い弁護士|中野秀俊のホームページです。インターネットに関わる法律は全て私が引き受けます!ITビジネスを法律で支援致します!
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

「法律」と「男と女」と「妥協」…

前回のブログの最後に、明治大学の初講義で

「法律を具体的にイメージさせる」ことを

心がけたと書きました。

http://it-bengosi.com/blog/nakanokyouju/

「法律」って…めっちゃ小難しい!

っていうイメージありません?

小難しい用語が多いですし、理屈っぽい…

思わず、考えちゃいます(^^ゞ

大学2年生を相手に、小難しい法律を

普通に教えたら、絶対興味なくしますよね…(^^ゞ

じゃあ、大学2年生にとって、

一番興味のあることって何だろう…

そこで、私ピーンときました!

「恋愛やないかい!」と…

そこで、大学2年生の前ではっきり言いました!

法律は、「男」と「女」の関係に似ています!と。

学生たちのリアクション…

法律って、

価値観が全く違う

Aという利益と

Bという利益が

対立して、もうこれ以上先に進まないってときに、

調整するために、作られたものなんです!

まさに、妥協の産物!

もう少し妥協しません?…(^^ゞ

価値観が全く違う二つのものが対立する…

そう!まるで、「男」と「女」やないかい( ゚Д゚)ノ

デートしても、この価値観の対立が鮮明になります。

女:「ランチどこにする~?私、恵比寿のイタリアンがいいな♪」

男:「えぇ~?僕は東京チカラめしがいいよ」

みたいなことって、よくあるじゃないですか。

こんなときは、調整しないといけないですよね…。

今回は女性に合わせるから、次回は男性が決めるとか…

間を取って、うなぎにするとか…(どんな「間」だ…(^^ゞ)

そうやって、妥協してバランスを取っている…

不肖中野…
話を聞くのも、地図を読むのも
苦手です…m(__)m

「まさに同じような調整を、法律はしています!

 例えば…」

こういう風に説明すると、

学生達も興味を持って聞いてくれる(^O^)

人に何かを伝えるときには、

まず相手の興味をひく…

これって、大事なことだなと思いました。

「六法全書は、『調整』のための最高の指南書!

 恋愛でいえば、ホットドッグ・プレスみたいなもんです」

アラサー以上の男子の皆様…

ちょっと六法全書が読みたくなってきませんか(_)ゞ


電話をかけて問い合わせる メールで問い合わせる

コメントを残す