IT企業のインターネット法務に強い弁護士|中野秀俊のホームページです。インターネットに関わる法律は全て私が引き受けます!ITビジネスを法律で支援致します!
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

【保存版】IT企業専門の弁護士が仮想通貨・ポイント制の法規制の全てを徹底解説!

仮想通貨・ポイント制の記事をまとめてみました!

IT・ウェブ企業にとって、必須ともいえる仮想通貨・ポイント制。

今回は、これまでの仮想通貨・ポイント制についての記事をまとめした。これを読めば、仮想通貨・ポイント制のすべてがわかります。

仮想通貨といっても、2種類の意味で使用されている!

「仮想通貨」といっても、最近では2つの意味で使われています。一つは、ウェブサービスやゲーム内で使用される仮想通貨・ポイント。もう一つは、ビットコインやリップルといった仮想通貨(暗号通貨とも呼ばれる)ものです。

この2つは、法規制が異なりますので、分けて考える必要があります。

ウェブサービス・ゲーム内の仮想通貨・ポイントの法規制

自社が運営するウェブサービスやゲームの中で使用される仮想通貨・ポイントについては、資金決済法が適用されます。資金決済法が適用されると、様々な規制が及ぶことになります。

やはり、資金決済法の適用を受けるのは、企業にとっては負担ですよね。 そこで、資金決済法の適用を回避する方法があるのです!

弁護士 中野は、行政庁と交渉も

企業にとって、資金決済法の適用を受けるかどうかは、一大事です。 私は、自社のサービスが法規制を受けるのかどうか、行政庁と交渉する仕事もしています。

ビットコイン・リップルなどの仮想通貨(暗号通貨)の法規制

今、話題のビットコイン・リップルなどの仮想通貨(暗号通貨)。 この法規制は、どうなっているのでしょうか?

また、仮想通貨(暗号通貨)ビジネスをする際の法的注意点は、どこにあるのでしょうか?

ウェブサービス・ゲーム内仮想通貨とビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)の違いは?

以上のように、自社のサービスが、ウェブサービス・ゲーム内仮想通貨なのか、 ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)なのかによって、その法的リスクが異なります。

そこで、自社のサービスが、どちらに該当するのかを見極めることが必要になっていきます。

今後の仮想通貨(暗号通貨)の法規制の可能性は?

ビットコインなどの仮想通貨については、現在法規制が検討されています。どのような法規制になるのか、海外の事例も含めながら、考えていきます。

また、仮想通貨技術を使った新しいサービスも展開されています。 将来は、仮想通貨技術が、ビジネスを変えるかもしれません。


電話をかけて問い合わせる メールで問い合わせる