IT企業のインターネット法務に強い弁護士|中野秀俊のホームページです。インターネットに関わる法律は全て私が引き受けます!ITビジネスを法律で支援致します!
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

弁護士や裁判所が不要になる日が来る?イーサリアムの革新的サービスで契約が自動化へ。

社会を根底から覆す?イーサリアムとは

イーサリアムというサービスをご存じでしょうか?

イーサリアムとは、暗号通貨(仮想通貨)であるビットコインの技術を使った新しいプラットフォームです。

ビットコインって聞いたことはあるけど、その仕組みは分からないという方もいると思います。

ビットコインの特徴は、通貨(価値記録)の発行を、中央認証機関無しに、証明することができるということ。なぜ、中央機関がなくて、通貨(価値記録)の発行を証明できるのかというと、各ユーザーが共同で監視しているから(これを「peer to peer」といいます)。

このビットコインの本質である、「ある事実が正しいということを、中央認証機関無しに、証明することができる」という技術を生かし、「契約」問題にも応用したのが、「イーサリアム」なのです。

つまり、売買やお金の貸し借りなどの契約を、コンピュータで処理しようという技術です。

イーサリアムで、何が可能になるのか?

例えば、太郎が花子に10万円を貸して、1年後に12万円にして返すという契約をしたとします。花子は、1年後に12万円を支払いませんでした。といった場合にはどうなるでしょうか?

従来であれば、太郎は花子に対して、裁判所に訴訟を提起し、裁判所から判決を得て、花子の財産に強制執行するという手続きが必要です。この訴訟提起するときには、まさに弁護士が登場してくるわけです。

しかし、イーサリアムを使えば、太郎と花子の契約を、ブロックチェーン(ビットコインのデータベース)に書き込むことができます。その契約は、ネットワーク参加者の全員が認識することができ、偽造することはできません。

そして、期日がきたらシステム上、自動的に執行するようにしておけば、執行も簡単にできる。ここには、弁護士もいらないですし、裁判所から判決を得る必要もありません。

また、実務上よくある「勝訴判決は得たけど、相手の財産がなくて執行できなかった」というリスクもなくなります。

まさに、従来、弁護士や裁判所が長い時間をかけてやっていたことが、全部なくなる可能性がある。そんな基盤が、オープンソースで利用できる。それがイーサリアムなのです。

イーサリアム https://www.ethereum.org/

契約取引が根底から変わる!?

イーサリアムを利用するには、Ether(イーサー)と呼ばれる暗号通貨(仮想通貨)を使用する必要があります。イーサーは、ビットコインと交換して得ることができます。

このように、イーサリアムが普及すれば、弁護士の仕事は大幅に減ります(^^;
裁判所もそうですし、公証役場の公証人なんて、必要なくなります。

ホリエモンこと堀江貴文さんは、「自治体とか国とか要らなくなる!」としています。
参考記事: イーサリアムやべぇ。。。

そんなプラットフォームがすでに動き出している!今後の展開に注目です!


電話をかけて問い合わせる メールで問い合わせる