IT企業のインターネット法務に強い弁護士|中野秀俊のホームページです。インターネットに関わる法律は全て私が引き受けます!ITビジネスを法律で支援致します!
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

リベンジポルノの被害に遭ってしまったときの対処法【弁護士解説】

インターネット法律

リベンジポルノの被害が増えている

リベンジポルノとは、元交際相手などの裸の写真や性行為の動画といった性的画像を、本人に無断でインターネット上に公開する行為のことです。

これは、交際が終わったことへの腹いせに行うことが多く、2016年には、リベンジポルノの相談が、全国の警察に1063件、寄せられています。

リベンジポルノ1000件超=相談件数、前年に続き-警察庁

増え続けているリベンジポルノ被害ですが、自分が被害者になった場合、どのように対処していけばよいのでしょうか。

画像を公開すると脅されている段階

まだ画像は公開されていないが、別れた相手から、「裸の画像をばらまくぞ」という連絡が来ている場合に、どのような対処ができるのでしょうか。

裸の画像が、一度インターネット上に出てしまうと、拡散してしまい、被害が拡大することが考えられます。この段階でも、適切に対処する必要があります。

警察に相談

「裸の画像をばらまくぞ」というのは、脅迫行為であり、脅迫罪(刑法222条 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金)にも当たる行為です。

その場合には、速やかに警察に相談するのがよいでしょう。

どこの警察に行くかですが「最寄りの警察署」または「性犯罪被害専用窓口性犯罪被害110番」に相談するのが、よいでしょう。

警察に相談する際には、今までの経緯を、書面にまとめていくことをお勧めします。

私の経験上、警察もたくさんの事件を抱えているため、相談にいったとしても、十分に話を聞いてくれるか分かりません。口頭で、バーッと話されると、警察の方も頭に入らず、真剣に捜査してくれないなんてことも起こります。

そこで、今までの経緯(当事者、日時ごとの出来事)を書面にまとめましょう。

また、証拠の提示も必要になりますので、元交際相手から送られてきたメールやLINEなどの証拠を印刷して持っていきましょう。

弁護士に依頼する

警察は、相談して実際に動いてくれるまで、時間を要することがあり得ます。

上記のように警察も、多くの案件を抱えているため、一般市民からの告訴・相談案件については、後手に回る可能性があります。

すぐに動いてもらいたい」という場合には、弁護士を通じて相手方に、以下の内容で内容証明を送付することが考えられます。

  • 脅迫行為をやめること
  • 画像の公開をやめること
  • 上記行為を行った場合には、刑事告訴や損害賠償請求訴訟こと

弁護士からの通知なので強制力はありませんが、相手方へのけん制という意味で、有効な場合があります。

実際に画像を公開されてしまった場合の削除方法

例えば、裸の画像などをインターネット上にアップロードされてしまった場合、放っておくと、どんどん拡散してしまい、収集がつかなくなってしまいます。

そこで、速やかに、プロバイダやサイトの管理者に、削除要請をすることが必要です。

方法としては、以下のような方法があります。

プロバイダやサイトの管理者に直接通知

プロバイダやサイトの管理者に、裸の画像がアップされていると通知をし、削除してもらう方法があります。

通知方法は「お問い合わせページ」などから、連絡してもよいですし、法律上の削除要求に則って、通知する形でも大丈夫です。

「一般社団法人セーファーネット協会」への通知

「一般社団法人セーファーネット協会」という団体があり、インターネットの秩序維持を目的とした団体です。

違法有害コンテンツなどの削除要請などを行ってくれるので、ここに相談するのもよいでしょう。

「Googleからの情報の削除」に通知

画像が、検索結果に出てきてしまう場合には、「Googleからの情報の削除」(Google)ページから通知することが考えられます。

警察に対する告訴

上記と同時並行で、警察への告訴をすることも検討すべきです。

上記のような方法で削除できたとしても、また他のサイトに画像をアップする可能性もあります。そうなると、いたちごっこになるので、警察を巻き込んで、解決する方法も検討すべきです。

平成26年11月には、リベンジポルノ防止法も成立しました。

別れた恋人から「裸の写真をばらまくぞ」と脅された「リベンジポルノ」はどんな罪になるのか?

  1. 第三者が撮影対象者を特定できる方法で、
  2. 個人的に撮影した性交や性交類似行為、性器等が写っている画像記録を、
  3. インターネットに公開、あるいは不特定多数に提供した場合、

3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されるといった内容です。また、被害者が告訴などを行いやすくする支援体制の充実なども定めています。

そして、2月19日には、全国で初の「リベンジポルノ」で逮捕者が出ています。

「リベンジポルノ」で初の逮捕 元交際相手の裸写真ばらまく

警察も、リベンジポルノについては、以前よりも、積極的に捜査してくれています。

警察に相談する際には、必ず証拠を持参しましょう(相手方とのLINE・メールのやり取りや、インターネット上の画像など。)


電話をかけて問い合わせる メールで問い合わせる

コメントを残す