IT企業のインターネット法務に強い弁護士|中野秀俊のホームページです。インターネットに関わる法律は全て私が引き受けます!ITビジネスを法律で支援致します!
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

弁護士業界に、異議あり!!

57476c44

前回…

「弁護士は儲かるのか」という

タブーに切り込みました( ̄▽ ̄)
http://it-bengosi.com/blog/moukattemakka/

確かに、弁護士業界にも、

格差社会の波が押し寄せています!

例えば、大手法律事務所勤務の

S君は、年収1300万円

一方、某地方で法律事務所を経営している

F君は、年収300万円…

といったように、弁護士同期の中でも、

格差は広がっています。

格差社会の到来でちゅ…

これに対し、弁護士会は、

司法試験の合格者を減らすことに

躍起になっています。

でも、これって何か違うんではないかと…。

だって…競争があるのは、

真っ当な業界であれば当たり前ですし。

弁護士資格を取れば、

「みんな安泰」という時代が

異常だったのでは…

資格にあぐらをかいていた業界…

競争力のないものが淘汰されて、

競争力のある者が生き残る…

弁護士業界も、やっと真っ当な業界に

なっただけなのではないでしょうか。

資格で飯が食えた時代は終わったんだ、と!

資格に胡坐をかいている時代は終わったんだ、と!!

資格という既得権益にしがみ付いているなんて、

「自由と正義」の名が泣くぞ、と!!!
(くどいですね…(^^ゞ)

弁護士会発行の機関紙…
(誰が読んでいるでしょう…(^_^;))

弁護士がやるべきことは、

「弁護士増員反対!」なんていう

後ろ向きのことではなくて、

弁護士としてスキルを高め、

人間力に磨きをかけ、

クライアントに選ばれる弁護士になる…

ということではないでしょうか。

弁護士も、顧客満足度の向上を
目指すべき!

インターネット法務の開拓者、中野は…

「クライアントに選ばれる弁護士」

になる自信があります!

そういう自信がなければ、

人の人生を左右しかねない、

弁護士という仕事をしてはいけない

と思っています。

「中野に頼んでよかった」

「中野がいたから助かった」

と、一人でも多くのお客様にいって頂けるよう、

日々精進あるのみなのだ(_)ゞ


電話をかけて問い合わせる メールで問い合わせる

コメントを残す