IT企業のインターネット法務に強い弁護士|中野秀俊のホームページです。インターネットに関わる法律は全て私が引き受けます!ITビジネスを法律で支援致します!
グローウィル国際法律事務所
10:00~18:00(月~金)

ふかわりょうさんへの脅迫のFacebookメッセージ逮捕事件みる「ネットでの誹謗中傷の代償」

E38380E383A1

タレントふかりょうさんに対しての脅迫メッセージ女性逮捕!

タレントふかわりょうさんに対して、Facebookメッセージなどで、「今直ぐ死ねよ」など、殺害を匂わせるメッセージを14通送ったとして、川崎市に住む無職の女性が脅迫の疑いで逮捕されました。

この女性は、ふかわりょうさんがMCを務める東京MX「5時に夢中」のハッシュタグ「#gojimu」でも、ふかわさんの人格を否定する発言や殺害予告など脅迫めいたツイートをしており、被疑事実を認めているとのことです。

ふかわさんのもとには、この女性から度重なる嫌がらせメッセージなどを受けており、ふかわさんも、昨年12月に被害届を提出。今回の逮捕に至りました。

参考記事:ふかわりょうさんに「殺す」脅迫容疑 30代女、FBで

ネットでの誹謗中傷は、罪になる!

今回、この女性は脅迫罪に疑いで逮捕されました。脅迫罪は、2年以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。

ネットでの誹謗中傷などは、昔から問題になっていますが、度を越えると、刑事事件になります。

例えば、誹謗中傷の投稿には、投稿の内容によっては、業務妨害罪名誉毀損罪になる可能性があります。

法定刑はいずれも、3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金です。

民事での損害賠償請求も…

また、誹謗中傷発言をすると、発言をされた人から、損害賠償などを請求される可能性もあります。

ネットでの発言は、匿名だから誰が投稿したか分からないのではないか…と思われるかもしれませんが、発信者情報開示請求という法律上の手段により、投稿した個人を特定できるのです。

誹謗中傷、軽い気持ちでやると大変なことに

このように、冗談では済まされないネットでの誹謗中傷。十分に注意しましょう!


電話をかけて問い合わせる メールで問い合わせる

コメントを残す